ホームページを作成したい

  IT関連

今どき、会社のホームページくらい誰でも簡単に作ることが出来る。

それこそITバブル時代は数十万円したようなホームページでも、現在は年間で数千円で作成可能というサービスが登場しているので恐ろしい。

このページではいくつかの作成手段について説明していく。

1. Wixを使用する

Wixというのは、「ドラッグ&ドロップ型のホームページ作成ツール」。

最近、非エンジニア界隈にも名前が登場するようになった。

https://ja.wix.com/

企業のホームページとしては、独自ドメインが必須であろうから有料版を使用することになるだろうが、それでも月額500~1500円という安さ。

2. WordPressを使用する

有名なホームページ作成ツール。

もはや老舗過ぎて枯れている感もあるが、それでもまだ現役であるし、ネット上に情報が大量に転がっている。

作成するならXサーバーなどのサーバー会社と契約し、そこにWordPressをインストールする必要があるのでやや大変かもしれない。

ここまでの説明で「ドメイン?」「サーバー?」ってなったような人には学習コストが高い。

3. Carrdを使用する

安さにこだわるなら。

あまり知見は転がっていないと思うが、年間19ドル(約2030円)で使うことが出来るらしい。

推奨はしないが、とにかく新しいもの好きなあなたに。

https://gigazine.net/news/20200627-carrd/

4. ホームページ制作業者に依頼する

デザインに凝りたいとか、保守を任せたいとか、他のサイトとの連携を考慮してほしいとかであれば、もうホームページ制作業者に頼んでしまうのが手っ取り早い。

また、「起業家はこんなこと勉強していないで、とっとと資金繰りなり営業なりしろ」という考えであればプロに丸投げしてしまうのは一つの手段。

一般的な企業サイトであれば、相場は5~30万円ほど。

ちなみに弊社もホームページ制作業やっています(直接的営業)

まとめ

だいたいの場合はWix。

もっと凝ったことがやりたいとか、学習コストを考えるのであれば制作会社を利用したほうが良い。

LEAVE A COMMENT